高血圧や狭心症に効くアダラートの歴史は深く、1966年にドイツでニフェジピンが発見されその2年後に研究が始まり、1975年にアダラートカプセルとしてドイツで発売されました。翌年には日本でも発売されました。そんなアダラートについて紹介します。

アダラートは何科の薬?顔色と副作用は関係があるの?

今、多くの人が高血圧に悩んでいます。
高血圧の多くは、生活習慣に原因があります。
食事(特に塩分過多)、運動不足、ストレス、飲酒、喫煙、睡眠不足など、普段何気なく行っていることが高血圧の原因になります。
生活習慣の改善を心がければよくなる方もいますが、それがなかなかうまくできない人もいます。
また、規則正しい生活をしていても、遺伝的要因で血圧が高い方もいます。
高血圧の方に処方される薬が、アダラートです。
高血圧は、何科に通うかというと、主に内科です。
風邪やちょっとしたからだの異変で受診した時や、健康診断で高血圧は発見されることがほとんどです。
内科で、アダラートを用いた高血圧治療を受けることになります。
アダラートはカルシウム拮抗薬という分類がなされています。
細胞にカルシウムが入ると、血管が収縮し、血圧が上昇してしまいます。
この薬は、細胞内にカルシウムが入るのを防いでくれます。
結果、血管が広まり、血流が良くなります。
血流が良くなると、血液同士の抵抗が減るため、上昇した血圧が下がります。
この薬は、狭心症にも適応ですが、心臓の収縮をおさえ、心臓を休ませてくれる作用もあります。
血圧が適切な数値で保たれると、全身の血流が改善されるので、様々な病気の予防にもつながります。
高血圧治療の第一選択としてこの薬が選ばれますが、副作用に気を付けなければなりません。
服薬初期によく見られるのが、顔色の変化です。
頬が赤くなったり、顔にほてりが出たりすることがあります。
また、頭痛や動悸、めまいが出ることもあり、これらは次第に改善されていくことがほとんどですが、酷い時は迷わず医療機関を受診しましょう。
飲み合わせのよくない薬も多くあるので、必ず他の持病や薬の服用状況を医師や薬剤師に伝えてください。