高血圧や狭心症に効くアダラートの歴史は深く、1966年にドイツでニフェジピンが発見されその2年後に研究が始まり、1975年にアダラートカプセルとしてドイツで発売されました。翌年には日本でも発売されました。そんなアダラートについて紹介します。

アダラートを飲みながら全身の調子を改善する薬草

高血圧になると対症療法である薬物治療と根本治療である生活習慣の改善とを同時並行で行っていきます。アダラートは薬物治療でよく用いられる降圧剤であり、高血圧になるとアダラートを毎日飲む人が多いのが現状です。アダラートを飲んでいると血圧は正常に近い値を保てるため、それで安心をしてしまう人もいます。しかし、アダラートの服用は対症療法であって根本治療のための試みを別に行わなければなりません。その方法の一つとして全身の調子を改善するために薬草を利用することを考慮してみましょう。
古くから世界各地で使用されてきている薬草には高血圧を改善する効果が期待できるものが多数あります。近年の研究によって薬草成分についての解析も進められて、微量成分として含まれている特徴的な成分や、豊富に含まれているビタミンやミネラルなどの栄養素が血圧の改善に寄与するとわかってきているのです。薬草はアダラートとは異なり、直接的に血圧を大きく下げることはあまりありません。全身の調子を整えていくことで改善を図れるのが薬草の特徴です。即効性は高くないものの、継続的に取り入れていくと徐々に体質が改善されて血圧が下がると期待できます。生活習慣の改善を行うのには大きな労力が必要ですが、薬草を利用するのはそれほど大変なことではありません。健康茶として流通しているものも多くなっており、飲みやすいようにブレンドが行われている製品もあります。生活習慣の改善を目指すに越したことはありませんが、その入口として薬草の利用を始めたり、高血圧の根本治療の補助として利用したりする価値がある方法です。全身の調子が改善されれば着実に血圧は改善していくでしょう。