高血圧や狭心症に効くアダラートの歴史は深く、1966年にドイツでニフェジピンが発見されその2年後に研究が始まり、1975年にアダラートカプセルとしてドイツで発売されました。翌年には日本でも発売されました。そんなアダラートについて紹介します。

アダラート服用中にアロマやサイアザイド系の追加

アダラートを服用している人は高血圧のコントロールを行っていたり、狭心症の治療を行っているのが一般的です。血圧が高かったり、心臓の機能が低下したりしていると様々な商オジュが生じる場合がありますが、比較的多くの人が経験するのがむくみです。血圧が高い状態は血液の流れが悪くなってしまっていて、血液が流れる際の抵抗値が高くなってしまっています。特に身体に張り巡らされている細い毛細血管で血液が流れにくくなっている場合が多く、その影響で身体に老廃物がたまってしまいがちです。狭心症の場合にも心機能の低下によって血流が低下している場合がよくあります。こういった影響で水分貯留が多くなり、むくみが生じてしまうのです。
むくみの解消を考えるなら個人で取り組むならアロマを利用するのが解決策の一つです。アロマにはただリラックス効果があるだけでなく、含まれている精油成分には血管を拡張させたり、利尿作用をもたらしたりするものがあります。リラックスができるとストレスによる血管の緊張が解けて血管が広がりやすくなるでしょう。たとえ精油成分にこだわりを持たなくても好みのアロマを使用するだけでむくみが解消される可能性があります。一緒にマッサージを行うと血行を促進できてより高い効果が期待できるでしょう。
医師に相談してむくみを解消しようと考えたらサイアザイド系の薬を使用するのが選択肢になります。サイアザイド系の薬は利尿薬として用いられているものであり、腎臓に働きかけて積極的な水分の排泄を促せるのが特徴です。むくみが激しくてすぐにでも解消しなければ日常生活に困るという状況になっていたらサイアザイド系の薬を使用してみると良いでしょう。